読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館学徒未満

図書館学に関する本を読んだり調べごとをしたりしています。はてなダイアリーから移行しました。

レファレンスサービスについて

あと図書館だと、日図協の参考事務規定で答えられるのが決まってるじゃないですか。健康情報とか法律相談系は最近やりだしてるみたいですけど。

博物館だと線引き難しいじゃないですか。

「南京」で何人亡くなったの?とか、資料はあるんでしょうけど怖すぎですよ。それを例えば国の機関的な歴博とかアジ歴が答えていいのかってことですよ。

すみません、このあたりいまいちピンとこないので、もう少し詳しく教えて頂ければ幸いです。

博物館では日図協の参考事務規定のように、利用者からの回答に際して何らかの規定を作るのが難しい事情があるということでしょうか?

図書館も公の機関ですが、たとえば「『南京』で何人亡くなったの?」という質問に対しては
「その問題は現在でも諸説あり、断定が難しいので明確な死亡者数は回答できません。ですが、現代における主要な説としては大きく分けてA説とB説とC説があります。それぞれの説に関しては、以下の文献を参考にしてください」
といった仕方で回答すると思います。博物館ではこれができない、もしくはこの回答の仕方では何らかの問題が生じるのでしょうか?
その辺りの事情を教えて頂ければ嬉しいですm(_ _)m

それと、博物館の係員さんに話しかけていいのかという問いですが、これは博物館の係員さんにはとっても話しかけにくい雰囲気があることが多い、ということを問題にしたかったのです。
図書館側も気をつけなくてはいけないことですが、見知らぬ人に何かを質問するのはとても緊張します。ましてや展示室のシーンと静まり返った空間で、利用者が展示物に何か変なことをしないか睨みつけている(ように見えたりするんです。実際はそうではないでしょうがごめんなさい(> <))人に話しかけるのは本当に勇気が要ります。というかできません
そういう状況の改善案として、たとえばレファレンスカウンターの設置があるんじゃないかな、ということでした。