図書館学徒未満

図書館学に関する本を読んだり調べごとをしたりしています。はてなダイアリーから移行しました。

授業の権利はどう扱われるべきか

個人的にはMOOCには賛成です。大学の授業を無料でいつでも受けられるなんて素晴らしいし、またアーカイブ構築の面からも好ましいと思っています。しかし授業もまた著作物などと同じ知的財産として扱われるべきだという意見ももっともだと思います。 大学側が…

AAUPはMOOCを教授陣の知的資産の新たな脅威になるとみなしている

(原文: "AAUP Sees MOOCs as Spawning New Threats to Professors' Intellectual Property") 大学は教員が行った授業でMOOCにあるものの所有権を主張し、教員の著作権や学問の自由を広く脅かしていると前AAUP*1会長のカーリー・ネルソンが月例会で主張した。…

大学での授業の権利は誰にあるのか -MOOCをめぐる議論

「The Chronicle of Higher Education」で、無料のオンライン大学授業が学問の自由を脅かすというAAUPの主張が報道されていました。 興味深い問題ですので、以下に抄訳と意見を記述します。

12. 備考

特に重要な個人の能力はA5(チームワーク)である。設備や資料への意識は他の専門家(コンピュータエンジニアやグラフィックデザイナーなど)と協働する際に必要となるだろう。加えて、A2(コミュニケーション能力)も同様に重要な資質である。

11. その他の能力 (望ましい職能; 太字は特に望ましいもの)

専門的な能力 I01. 利用者と顧客との結びつき I07. 情報探索 I12. 製品やサービスのデザイン T03. 出版と編集 T04. インターネット技術 T05. 情報技術とコミュニケーション C01. 口頭でのコミュニケーション能力 C02. 文章でのコミュニケーション能力 C03. …

10. 他の役目 (職務に直接の関係はないが、通例期待される活動)

他の専門家との協働。特に教育者や教師、社会教育者*1。 ツールや資料、教育計画の開発のために協力関係があると役立つ部署や機関を特定する *1:原文 "agentes para el desarrollo cultural"

9. 特徴 (職務上の活動)

異なるセグメントにいる利用者たちの関心領域と情報探索行動を分析し、適切な教育プログラムを同定する。 利用者が情報活用スキルを得られるような教育活動を企画・設計、提供し、広報を行う。 利用者の資料やツールの活用、また情報資源の自発的な利用を促…

7,8 割愛

6. 必要な能力レベル

N-1 技術に対する認識 / N-2 実践的な知識と専門的な技術 / N-3 ツールに熟達 (方法論的領域) N-2 実践的な知識

5. 専門分野(彼らが職務を遂行する領域)

利用者への気配り 利用者にフォーカスを置いた学習活動

4. 職場

国立図書館 地域の中央館、または私立図書館 大学や高等教育機関の図書館 公共図書館 専門図書館 学校図書館 芸術図書館、教育図書館、スポーツ図書館、語学図書館

3. ミッション

利用者が図書館が提供する各種のツールや資料、教育プログラムの利用を通じて、自立しかつ責任をもって情報を活用できるよう支援や指導を行う。

2. その他の呼称

利用者インストラクター 利用者と情報リテラシーのトレーナー 情報利用の専門家 利用者対応の専門図書館員

1. 役職名 (役職を規定する呼称)

利用者教育とリテラシーの専門家

10. 利用者教育とリテラシーの専門家

スペイン文化省による図書館員の専門性の定義を読もう企画 "Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización " 今回は「利用者教育とリテラシーの専門家」です。 (目次エントリはこちらです)利用者教育を図書館におけ…

1.4 ワークシート

専門職のリストアップとその分析のために配布されたワークシートについて解説した部分です。調査票ではそれぞれの専門性について下記の点を記述してもらった。 職名: その職種の名称 他の職名: その職種を指す知りえる限りの他の職名 ミッション: その職種を…

4. ワークシート

スペイン文化省による図書館員の専門性の定義を読もう企画 "Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización " 今回は「ワークシート」です。 (目次エントリはこちらです)

11. その他の能力 (望ましい職能; 太字は特に望ましいもの)

専門的な能力 I01. 利用者と顧客との結びつき I03. 知財関連法の知見 I12. 製品やサービスのデザイン T01. 文書情報システムのコンピュータデザイン T02. ITアプリケーションの開発 T03. 出版と編集 T04. インターネット技術 T05. 情報技術とコミュニケーシ…

9. 特徴 (職務上の活動)

公共サービスを担当する部署同士の連携を計画する ツールや手続きを設定して利用者との「相互作用」を監視する 利用者サービスを改善する手順のガイドラインを制定する 館内のサービスを改善するためのツールを開発する 利用者に提供しているサービスの利用…

7,8(割愛)

6. 必要な能力レベル

N-1 技術に対する認識 / N-2 実践的な知識と専門的な技術 / N-3 ツールに熟達 (方法論的領域) 最低限N-2が求められる

5. 専門分野(彼らが職務を遂行する領域)

図書館の公共サービス部門 情報サービスおよび情報アクセス部門

4. 職場

国立図書館 地方自治体の中央館 大学や高等教育機関の図書館 公共図書館 専門図書館

3. ミッション

利用者に対して、もっとも効果的かつ質の高い図書館の資料やサービスを利用できるようにする責任を負う

2. その他の呼称

公共サービス部門の責任者

1. 役職名 (役職を規定する呼称)

利用者サービスの技術責任者

4. 利用者サービスの技術責任者

スペイン文化省による図書館員の専門性の定義を読もう企画 "Perfiles profesionales del Sistema Bibliotecario Español: fichas de caracterización " 今回は「利用者サービスの技術責任者」です。 (目次エントリはこちらです)耳慣れない職種ですが、その職…

12. 備考

カタロギングの準備(とアクセスポイントや文書補完などがない単純な目録入力作業)はアシスタントによって行われる。また、いくつかの整理用品も彼らが用意する(分類ラベルや管理用品*1など......) *1:原文 "ordenacion de fondos"。なにか一般的な図書館用品…

11. その他の能力 (望ましい職能; 太字は特に望ましいもの)

専門的な能力 I04. コンテンツや知識の管理 I06. 情報の分析や表現 I08. 蔵書や資産の管理 I10. 原本の取扱 I11. 設備・備品の準備 T01. コンピューターデザインと情報システム C01. 口頭でのコミュニケーション能力 C02. 文章でのコミュニケーション能力 C0…

10. 他の役目 (職務に直接の関係はないが、通例期待される活動)

総合情報サービスや文献配信サービス、自動化サービスや電子情報サービスを管理する 利用者教育を実施する 図書館サービスで利用する外部資料*1を開発する すべての取扱手順と文献分析について統計調査と評価を実施する ワーキングチームを作る 担当するサポ…