読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館学徒未満

図書館学に関する本を読んだり調べごとをしたりしています。はてなダイアリーから移行しました。

館長

(原本では表になっていますが、表組み表記が巧く行かないので書き下します)

1. 役職名 (役職を規定する呼称)

館長

2. その他の呼称

    • ライブラリーマネージャー
    • コーチ
    • 図書館長
    • ライブラリーコーディネーター

3. ミッション

サービスに最大の責任を負う。計画を指揮し、目標を達成し、物的資源と人的資源、ならびに組織内の関係と組織外の関係双方をモニタリングし、組織の目標に配慮する。

4. 職場:

5. 専門分野(彼らが職務を遂行する領域)

組織内の異なる領域の管理、指揮、調整

6. 必要な能力レベル

N-1 技術に対する認識 / N-2 実践的な知識と専門的な技術 / N-3 ツールに熟達 (方法論的領域)

N-3 ツールに熟達 (方法論的領域)

7,8(割愛)

9. 特徴 (職務上の活動)

  • 計画やガイドラインを熟知した上で、図書館や組織のポリシーを策定する。
  • 現在の規定を遵守した上で組織のポリシーを承認する。
  • 組織のプロジェクトを管理、指揮する。
  • 組織を代表し、他の組織や政府組織、海外組織と連携する。
  • 図書館サービスの戦略的、実践的な計画を監督する。
  • 組織のリソースを管理する。
  • 組織構造や設備機器を計画する。
  • サービスの技術的プロセスをコーディネートする。
  • 組織の情報資源を計画する
  • マネジメントシステムの品質管理: 統計をとり、サービスを評価する
  • 組織のオープンアクセスポリシーを広報する。
  • アウトリーチライブラリアン(日本語ではなんて言うんでしょうか?)を調整する。
  • インフォメーションセンター、ならびにコミュニケーションセンターを指揮する。
  • 円滑なチームワークの推進。
  • 関係機関との協力を推進。

10. 他の役目 (職務に直接の関係はないが、通例期待される活動)

  • 採用プロセスへの参加
  • マーケティング活動の管理と可視化への関与

11. その他の能力 (望ましい職能; 太字は特に望ましいもの)

専門的な能力
    • 資料構築と資本管理
    • 資料と資本の拡充
    • コンテンツマネジメントとその知識
    • 資材管理
    • 提供サービスのデザイン
    • 情報技術とコミュニケーション
    • 出版と編集
    • 口頭でのコミュニケーション能力
    • 文章でのコミュニケーション能力
    • 映像でのコミュニケーション能力
    • コンピューターを介したコミュニケーション能力
    • 外国語の能力
    • 対人関係
    • 組織間のコミュニケーション能力
    • マーケティング
    • 人的資源の管理
    • プロジェクトマネジメント
    • 分析と評価
個人の資質(技能)
    • 自主性
    • コミュニケーション能力
    • 協調性
    • 分析力
    • 批判的思考力
    • 忍耐力
    • 厳密さ
    • 予測力
    • 決断力
    • リーダーシップ
    • 組織をまとめる能力

12. 備考

一般的に、図書館組織は高度に発達した複数部門から成り立っている。
部門長という呼称は図書館長を置くような図書館(特定の大学)にとっては適切ではない。
大学図書館においては、エリアマネージャーやサービス部門との間に明確な違いはない。監督者を示す管理上の名称は大学図書館長だが、部門長の下であり(図書館管理者か学科長)、部門長は部局長の下に置かれるが、部局は部門長に直接依存している。

                      • -

目次の中には耳慣れない職能名も多いので、ぜひ引き続き他の項目も読んでいきたいところです。