読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館学徒未満

図書館学に関する本を読んだり調べごとをしたりしています。はてなダイアリーから移行しました。

多摩図書館の件・他都議からのご回答

多摩図書館の件ですが、他の都議会議員さんからのご回答も頂きましたのでこちらに掲載致します。
共産党議員さんからのご回答です。

ご回答いただきました議員の方、ならびに本件について問い合わせて下さった都民の方に改めて心よりお礼申し上げます。

(メール提供者のご希望により、文中の人名は伏字とさせて頂きました)

                                          • -

はじめまして。都議会議員の*****です。

連絡が遅くなり、申しわけございませんでした。



多摩図書館の蔵書処分の件ですが、七万冊の処分については、来年一月までに多摩地域の市町村図書館へお渡しし、残りを(ちなみに前回は1048冊売却)古本屋に売却するというものです。

当初、***のご指摘のように、今月いっぱいに各市町村の図書館でほしいものを決めてほしいという事でしたが、急すぎるということで期間を来年一月まで延長したとのこと。

以前の経過も聞いてみましたが、そもそも平成14,17年の図書館の在り方懇談会で二館構想が打ち出された中で、中央図書館と多摩図書館に各々の図書館で一冊ずつより分化せさて、多摩図書館には、雑紙と児童・青年用に特化しようということになったようです。

重複している本を各自治体の図書館に移すということですが、***がおっしゃるように図書館は、都民の貴重な情報源で、図書館機能を縮小することは問題だと考えます。当時は私は議員ではありませんでしたが、日本共産党都議団は、この図書館縮小については異議を唱えました。

今後も、都民の要望に応え得る図書館づくりを提案していきたいと思います。情報ありがとうございました。

10月28日

                                              • -

売却……するのか……。


see also: 「お部屋1972/図書館の中では見えないこと 3」「お部屋1971/【必読】多摩図書館廃棄本についての正確な情報